セミナー一覧

2019年度開催セミナー

本センターは、厚生省(現・厚生労働省)、農林水産省の指導のもとに、昭和52年に開設され、農山地域における生活、保健、医療、福祉の一層の向上を図る為に幅広く利用頂いております。 自然環境に恵まれ、静かで落ち着いた雰囲気で、学ぶ環境としては最適です。

実施日セミナー名タイトル内容備考状態
4月20日(土)~21日(日)西本先生に学ぶ 第26回がん登録セミナーin佐久 春講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
江森 佳子先生
国立がん研究センター がん対策情報センター がん統計研究部 院内がん登録室
UICC第8版を用いた病気分類を学び、演習をすることで日常業務につなげていくことを目的とします。ホームページにアップされましたらお早目のお申し込みをお勧めします
4月26日(金)~27日(土)第4回入退院支援セミナー
医療の質・経営の質の向上を目指して
昨年から開始したセミナーです
講評につき昨年は3回開催しました
急性期病院における入院期間の短縮や効率化に対応する、安全で満足度の高い入院治療のための入院前リスク管理と退院支援を佐久モデルから学びます終了日に佐久医療センター 入退院センターの見学および説明があります
5月11日(土)~26日(日)New2019年第1回がん登録塾2クール 肝胆膵の解剖・生理、肝・胆嚢・膵の病期分類講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
参加者の皆様からのご要望にお応えして2019年1月から新たに開設した部位別がん登録塾です。院内がん登録に必要な知識を1年を通して学ぶことができます。年間5回開催します。1回~4回は部位別で5回目はTOPICSです。毎年繰り返し開催します。
5月16日(木)
6月20日(木)
7月4日(木)
第4回認知症ケア地域型基礎研修(3回で1クール)第1回:認知症の人の見方、とらえ方を学ぶ
第2回:体験したことを互いに話し合い、いいひと時づくりを考える
第3回:施設や事業所から地域へ視野を広げ、よりよく暮らせるためのアイデアを話し合う
センター方式をツールに「本人にとってのより良い暮らし」に向けた、支援の実際を学び、認知症ケアにおける視点と共に、その人らしい生活支援のポイントを一緒に学ぶ一般財団法人 日本認知症ケア学会後援
※認知症ケア専門士 取得可能単位数 3単位 申請します
5月24日(金)~25日(土)第5回入退院支援セミナー
医療の質・経営の質の向上を目指して
31年度2回目のセミナーです
今年度は2回を予定しています
急性期病院における入院期間の短縮や効率化に対応する、安全で満足度の高い入院治療のための入院前リスク管理と退院支援を佐久モデルから学びます終了日に佐久医療センター 入退院センターの見学および説明があります
6月15日(土)~16日(日)第3回がん登録 実務基礎セミナー 前期 がん登録の基礎:総論講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
 
がん登録(全国がん登録・院内がん登録)の実務上で必要な基礎知識を集中かつ総合的に学びます。春夏の2クールの受講により、全国がん登録実務のレベルの向上、院内がん登録実務初級者認定に向けての基礎知識が固まることを目指します前期から受講できない場合は、後期からの受講も可能です。
6月21日(金)~22日(土)第14回尊厳ある人生を支援する
実践口腔ケアセミナー(パート1)
2回コースですが、どちらか一方のみの受講も可能です
口腔ケアの目的は、口腔清掃で口腔環境を改善し、口腔リハビリテーションで口腔機能低下を改善して、疾患の予防や食事をおいしく食べられるようにすることです。口腔ケアの実践には病態や自立度などにあった的確な航空ケアの手法を学び、病院や施設・地域ケアの活動において活用できるようにします。日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定
JSDR認定士単位 取得可能単位数 20単位 申請します
6月29日(土)~30日(日)第5回医療メディエーションセミナー(基礎編)本講座は、患者サポート体制充実加算の申請に必要な医療対話推進者の養成研修で、非医療職の方は4時間の追加講習が必要になりますコンフリフトマネジメント理論に基づく医療メディエーションの理論と技法を学びます。医療現場において発生する紛争をものの見方からとらえ、対話を通じて信頼関係の再構築を目指しますe-ラーニングによる事前学習について:受講を申し込まれた方は、医療メディエーター協会のHPから聴講可能なIDとパスワードをお申込み確認後お知らせします。事前学習をお願い致します。
7月6日(土)~7日(日)ポジショニングセミナー パート1講師:伊藤亮子先生
理学療法士・フェルデンクライス・プラクティショナー
姿勢を保つこと、姿勢を変えることは私達の生命の始まりから最期まで行う活動であり、それらがどのようにサポートされるかによって、本人の身体の状態や生活の質が変わります。 24時間を支える姿勢保持と姿勢を変える移動について、これまで行ってきた姿勢保持のための ”ポジショニングセミナー”に加え、移動の理解を深める”動きを引き出す支援 ‐ベッド上での動き編‐”を企画しました。併せて受講することでそれぞれのスキルの向上に繋がります。昨年からパート2は内容を変更しています。
”動きを引き出す支援 ‐ベッド上での動き編‐”です
7月13日(土) ~14日(日)New2019年第1回がん登録塾3クール 胸部臓器のの解剖・生理、肺・乳腺・食道の病期分類講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
2019年1月から新たに開設した部位別がん登録塾の第3回目です。院内がん登録に必要な知識を1年を通して学ぶことができます。年間5回開催します。1回~4回は部位別で5回目はTOPICSです。毎年繰り返し開催します。今年受講できなくても来年受講できます。
8月27日(火)~28日(水)第40回 プレホスピタル救急医療・災害医療セミナー
救急現場で働く、救急隊員・看護師などの発展向上セミナー
講師:佐久総合病院佐久医療センター救命救急センター部長一はじめ専門の分野の部長、新潟大学医学部災害医療教育センター特任教授 佐藤栄一先生プレホスピタルにおいて対応が容易ではないとされる、小児救急、参加救急、重症熱傷や特殊外傷、局地災害、ドクターヘリ、感染症対策などを研修し、資質の向上をめざします。救命士や、医師、看護師がグループワークを通しお互いの立場を理解できると好評です。今年は第40回になります。記念イベントを開催予定。
8月31日(土)~9月1日(日)第14回尊厳ある人生を支援する
摂食嚥下障害・食事困難な方への食支援セミナー(口腔ケアセミナーパート2)
講師:歯科衛生士、広島大学歯学部客員講師 牛山京子先生、佐久総合病院リハビリテーション科医長 宍戸京子先生要介護者の多くが疾患や加齢とともに食事が困難になり、肺炎や低栄養、脱水などの疾患につながります。食のメカニズムなどを理解して、要介護者が快適に食事摂取できる手法や介助方法を学びます。日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定
JSDR認定士単位 取得可能単位数 20単位 申請します
9月13日(金)~14日(土)医療マネジメント実践セミナー「病院管理特別編」講師:井上貴裕先生
 千葉大学医学部付属病院病院企画室室長・副院長
西澤延宏先生
佐久総合病院 副統括院長
医療の質と経営の質を両立するために、提出した自院のデータと客観的データに基づく科学的・実証的な戦略的経営を考え組織を磨く方法を学びます昨年から希望される病院のデータを井上先生に事前に送り、分析していただけます
10月10日(木)~11日(金)第16回 現場で即実践
 体験型 褥瘡セミナー
オーガナイザー:佐久総合病院 佐久医療センター 形成外科部長 大谷津 恭之先生 他WOCの看護師や褥瘡に関わるスペシャリスト医療の現場では、褥瘡ケアの資質向上が求められています。褥瘡は多職種で介入することが大事であり、いかにして予防するか、
早期介入するためどのようにしたら良いのか、介護のポイントとコツを修得します。
褥瘡に関する基本的なことを学びながら、最終的にはアセスメントが出来るところまでを学びます。
マットの業者も来て体験できます。
10月12日(土) ~13日(日)New2019年第1回がん登録塾4クール 尿路・生殖器系の解剖・生理、前立腺・子宮・膀胱の病期分類講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
2019年1月から新たに開設した部位別がん登録塾の第4回目です。院内がん登録に必要な知識を1年を通して学ぶことができます。年間5回開催します。1回~4回は部位別で5回目はTOPICSです。毎年繰り返し開催します。今年受講できなくても来年受講できます。
10月26日(土)~27日(日)体の動きを引き出す支援セミナー(ベッド上の動き編)
ポジショニングセミナー パート2
講師:伊藤亮子先生
理学療法士・フェルデンクライス・プラクティショナー
これまで行ってきた姿勢保持のための ”ポジショニングセミナー”に加え、移動の理解を深める”動きを引き出す支援 ‐ベッド上での動き編‐”を企画しました。併せて受講することでそれぞれのスキルの向上に繋がります。昨年からパート2は内容を変更しています。
”動きを引き出す支援 ‐ベッド上での動き編‐”です
11月2日(土)~3日(日)糖尿病マネジメントセミナー講師:佐久総合病院 代謝・内分泌内科部長 大橋 正明先生、ほか各職種におけるスペシャリスト
順天堂大学内科、代謝内分泌額講師 東浩介先生
糖尿病の歴史、分類、診断、治療、合併症のケアなど総合的な知識を身につけ、インスリン自己注射、血糖自己測定(SMBG)などの糖尿病デバイスの知識と技術を修得する実践セミナーです。業者も各社揃い説明や様々な器械を体験できます。
日本糖尿病指導士認定研修2単位取得の申請します
11月16日(土)~17日(金)西本先生に学ぶ 第27回  がん登録セミナーin佐久 秋講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
江森 佳子先生
国立がん研究センター がん対策情報センター がん統計研究部 院内がん登録室
UICC第8版を用いた病気分類を学び、演習をすることで日常業務につなげていくことを目的とします。常に新しい情報と、わかり易い説明が好評です。
12月14日(土)~15日(日)New2019年第1回がん登録塾5クールTOPICS造血器腫瘍/頭頸部腫瘍の解剖・生理講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
2019年1月から新たに開設した部位別がん登録塾の第5回目です。院内がん登録に必要な知識を1年を通して学ぶことができます。5回目はTOPICSです。1回~4回は毎年繰り返しの内容になりますが5回目だけは毎年内容が変わります。
1月18日(土)~19日(日)2020年 第2回がん登録塾 1クール
消化管の解剖・生理、胃・大腸の病期分類
講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
院内がん登録で必要な知識を身につける環境を、1年を通じて提供することを目的としています。院内がん登録で必要な基礎的な解剖・生理を学び、頻度の高い部位の病期分類を理解して行くことを目的とします。年間5回開催します。1回~4回は部位別で5回目はTOPICSです。毎年繰り返し開催します。今年受講できなくても来年受講できます。
2月20日(木)~21日(金)厚生連保健活動推進セミナーその年のトピックスにより講師が変わります全国厚生連は、これまで培ってきた保健活動の経験を踏まえ、新たな発想で、、健康寿命延伸のためにどう取り組むのか、原点を確認しながら広い視野で思いを一つにする仲間と共に学び、考えましょう参加者の事業所の報告もしながら、アイデアを学びより良い健康管理活動に活かします。
3月日程調整中第3回がん登録 実務基礎セミナー 後期 がん登録の基礎:各論講師:西本 寛先生
佐久総合病院総合医療情報センター長(前・国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センター長
がん登録(全国がん登録、院内がん登録)の実務をしていく上で必要な基礎知識を集中かつ総合的に学びます。 春・秋の2クール(合計4日間)の受講により、全国がん登録の実務レベルの向上、 院内がん登録実務初級者認定に向けての基礎知識が固まることを目指します。前期に受講できなかった方も、後期からの受講も可能です。
日程調整中第4回地域認知症ケアセミナー講師:旭神経内科リハビリテーション病院 院長 旭 俊臣先生高齢者がよりよく生きていくことを支えるケアの在り方とその実践、そして、働きやすい職場改善に取り組んでいくためのセミナーです参加者みんなで学びながら認知症の方のより良い療養、暮らしを考えるヒントをつかみ、実践に活かせるようにします