第4回医療メディエーションセミナー(基礎編)

  • 第4回医療メディエーションセミナー (基礎編)
  • コンフリクト・マネジメント理論に基づく医療メディエーションの理論と技法を学びます。医療現場において発生する紛争をものの見方からとらえ、対話を通して信頼関係の再構築を目指します。
    備考:患者サポート体制充実加算の申請に必要な医療対話推進者の養成研修で、非医療職は4時間の追加講習が必要です。
    (本講座は、日本メディエーター教会の認証プログラムで実施され、日本医療機能評価機構が開催する医療対話 推進者養成プログラムと同等の内容です。)

  • 2018 6月第4回 医療メディエーション最終
    • 開催期間:6/22(金)~6/23(土)
    • 定員:33名 ※先着順
    • 応募締切:6月15日(金)定員になり次第締め切らせていただきます。
    • e-ラーニングによる事前学習について:

      受講をお申し込みの方には、医療メディエーター協会のHPから聴講可能なIDとパスワードをお知らせます。事前学習をお願い致します。

  • 研修のねらい

    コンフリクト・マネジメント理論に基づく医療メディエーションの理論と技法を学びます。医療現場において発生する紛争をものの見方からとらえ、対話を通して信頼関係の再構築を目指します。

     2日間の講習(基礎編)を修了することで、医療メディエーターとして必要な基礎知識と技術を習得し、修了後に日本医療メディエーター協会に入会・申請することで、同協会による「医療メディエーターB」の認定を受ける事も可能です。

    【注意】 医療有資格者(ソーシャルワーカー含む)以外の医療従事者が、厚生労働省患者サポート充実加算の申請が可能となる医療対話推進者研修基準(20時間)を満たすためには、日本医療メディエーター協会甲信越支部等が開催する4時間の追加講習の受講が別途必要です。

  • 対象者

    医療安全管理者、医師、看護師、コ・メディカル、事務職

  • 講師:長島 久 ・山田 なおみ ・篠原 裕子

  • 【略歴】

    長島 久 : 富山大学附属病院 医療安全管理室 副室長・特命教授
    山田なおみ : 松本市立病院 医療メディエーター
    篠原 裕子 : 佐久総合病院 副看護部長 医療メディエーター

  • セミナー時間

    6/22(金)am9時 ~ 6/23 (土)pm16時30分
  • 参加費

    セミナー料金は「受講料(テキスト代含む)」「宿泊料」「食事代」の合計金額となります。
     (1)受講料(税込) 28,080円
      ※厚生連の所属の方は 24,840円で受講していただけます。
     (2)宿泊料(税込)・ツイン4,320円   ・シングル 5,400円
     (3)食事代(税込)・朝食 500円 ・昼食 2,160円(2食分)
    ※当センターでは、「学問を討論の中から」をモットーとして研修を企画しているため、情報交換会(夕食付)を重視しており、参加費は受講料に含まれております。宿泊を希望されない方も情報交換会にはご参加をお願いいたします。
  • セミナー料金の支払い方法

  • セミナー料金は「受講案内」がお手元に届き次第、受講案内にあります方法で納入をお願い致します。尚、ご入金はセミナー開催日の3日前までの事前振込みをお願い致します。当日現金での支払いは受け付けておりません。

  • 受講のキャンセルについて

  • ・お取り消しのご連絡は必ずファックスにて(一財)農村保健研修センター FAX 0267-82-5801までお願い致します。なお返金額はすべて振り込み手数料を差し引いた金額となります。

    ・開催日の前日、当日の取り消しの場合、参加費の返金はできません。また、料金未入金の方で前日、当日の取り消しの場合は請求額の全額分のキャンセル料が発生します。

  • プログラムダウンロード
  • 専用お申込みフォーム